大正十二年創業
蕎麦処 三鷹砂場
~砂場とは~ 
             

  読み方は「すなば」です
              
  なぜ砂場?と聞かれることも多いのですが・・
  さかのぼる事430年以上昔 天正11年(1583年)豊臣秀吉が
  大阪城築城の際に砂利や砂の置き場が現大阪市西区新町
  にありました。
    

     築城の工事にはたくさんの働く人達がいたことでしょう
    当然の事ながら飯屋もたくさん出来たと思います。
       翌、1584年には麺類店が2店登場します(和泉屋・津の国屋)
    この砂置き場は「砂場」と呼ばれており
    おそらく当時の方々は「お~い、今日は砂場でそば食おうぜ!」
    なんて言っていたのでしょうね
    その後、「和泉屋」は「砂場」と呼ばれるようになり屋号となりました。

     大阪城築城後、周辺は城下町として大変栄え1627年には
  「新町遊郭」が出来、さらに発展します。
     前の2店舗もさらに大型化し繁盛店となります


    
                                                           
                                                                            次回続く






   

       
 

     
 





 






Copyright(C) 砂場本店. All right reserved.